ロゴ
HOME>Column>歯を失ってしまっても大丈夫!インプラント治療があなたを救う

歯を失ってしまっても大丈夫!インプラント治療があなたを救う

歯科治療

歯の機能をインプラントで取り戻す

これまで虫歯や歯周病の悪化などで歯を失ってしまった場合には入れ歯を使用する、というのが一般的な治療とされてきました。しかし入れ歯は手入れが面倒、見た目が気になる、ずれたり物が挟まったりするなどの弊害があり、できれば避けたいと考えている人も多いのではないでしょうか。そんな願いをかなえてくれるのが大阪の歯科で行っているインプラント治療です。インプラントとは歯の失われたところに人工の土台を埋め込み、そこに人工の歯を取り付けるというものです。見た目には本物の歯とほとんど変わりませんし、はずして洗う必要もなく、ずれて不快に感じることもありません。定期的なメンテナンスは必要ですが、圧倒的な使用感のよさと快適さから注目を集めている治療法です。

歯型

ジルコニアインプラントの魅力

インプラントの土台となる部分は通常、チタンという金属で作られています。チタンは人の骨との親和性が高く、歯茎に埋め込むとあごの骨としっかりくっつくので取れてしまう心配がありません。しかしそんな優れた素材も、金属アレルギーの人にとっては困りものでしょう。そこで開発されたのがジルコニアインプラントです。これはチタンの変わりにジルコニアを使用したもので、大阪の歯科医院でも使われているところがあります。歯科で使用するジルコニアは金属ではなく非金属のセラミックスである酸化ジルコニウムで、金属アレルギーを起こす心配がありません。そのため誰でも安心して使用することができます。また、ジルコニアは強度が高く審美性にも優れています。そのため、金属アレルギーでない人にもお勧めの素材です。